万能ねぎと小ねぎの差とは? 万能ねぎと名付けられた理由

この差って何では、外国人がわからないもので、万能ねぎと小ねぎの差が紹介されていまいました。日本人でも分かる人はいるのでしょうか。また、万能ねぎと呼ばれるようになった理由もちゃんとあるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




万能ねぎと小ねぎの違い 実は同じ

スーパーでも小ねぎと万能ねぎ、両方見かける事があると思いますが、いったい何が違うのでしょうか。ちなみに、味もほとんど同じとのこと。

スーパーの店長によると、万能ねぎと小ねぎは違う品種ではなく、同じ品種だという。

小ねぎというのは、緑の葉の部分が多いネギを若いうちにとったもの。

一方、万能ねぎは小ねぎの中でも福岡県んお一部で取れたブレンドねぎのこと。

つまり、万能ねぎは福岡県産の小ねぎだったということでした。

万能ねぎの由来

では、そもそもなぜ福岡県でとれた小ねぎを万能ねぎと呼ぶのか。

万能ねぎを生産販売しているJA筑前あさくらの方によると、万能ねぎは、はじめは「福岡 高級 青ねぎ」だったそうです。

1976年に京浜地区への出荷をはじめたが全くといっていいほど売れなかったそうです。

実は当時関東では白ネギが一般的で、緑の部分が多いネギは使い方がわからないという理由で敬遠されていたそうです。

そこで、東京での試食や宣伝を懸命に行ったとのこと。そして、福岡県産の小ねぎは薬味やお鍋、ぬたなどどんな料理にも使えるということをアピール。

さらに、名前を見直し、万能ねぎというネーミングにしたそうです。

今では年間2300トンを売る一大ブランドになったということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする